妙経信解品第四


より大きな地図で 葛城二十八宿 第四経塚 を表示

現在の第四経塚とされている地は大阪府泉南郡阪南町に二ヶ所ある。

第四経塚に関する記述

≪諸山縁起≫
「入江宿 信解品第四。始めて大乗道に入る。三千二百六十九字。第五宿着童子、度一切世間苦悩佛の垂跡なり。
下平の多輪 印佛石、六寸。口傳在り。所知り難し。」

≪葛城峯中記 川越市立図書館蔵版≫
「入江宿 西の宿とも云う。宿着童子。炉檀有り。信解品第四。」

≪葛城嶺中記 犬鳴山七寶瀧寺蔵版≫
「入江宿、信解品第四、始めて大乗道に入る。三千二百六十九。第五宿着童子。
下の多輪に印佛石、六寸。口傳。金剛童子。経塚。ニ十丁下に大夫の水とも閼伽井有り。」

≪葛嶺雑記≫
「入江宿除蔵王 泉州日根郡山中村の地なり
葛城御修行の節、先達中はじめ一同御改、事実明らかなり、此所に老木の桜あるが故にさくらぢざうといふ。
宿着童子本地度一切世間苦悩、西方仏 泉紀国境入江宿に鎮座し給ふ。
此尊号は、宿習の業を捨て、彼岸に着するの義、また所名は、弘誓の船筏をうかめ、かのきしにとゞめんとの意。
山中の宿着すきて彼岸の入江に見るさくら地蔵を 三十歩斗ゆきて梵字石あり。 妙 信解品第四之地」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

①山中溪関所跡(経塚)

②境谷入口(経塚)

~~~~~~~~~~~~~~~

①JR阪和線 山中溪駅より南に120m程進むと、関所跡に石碑が立っている。

これが(関所跡)第四経塚とされている。

注: 石碑は、永禄12年の六十六部供養碑。



JR阪和線 山中渓駅→(2分)→関所跡 経塚

②山中渓駅より南に1.6km程進むと高速道路の高架下に分岐があるので、東に曲がると境谷入り口の

経塚への案内板がある。



案内板に従って斜面を登ると石碑がある。



これが(境谷入口)第四経塚とされている。

JR阪和線 山中渓駅→(20分)→境谷入口 経塚

妙経譬喩品第三


より大きな地図で 葛城二十八宿 第三経塚 を表示

妙法経譬喩品第三経塚

現在、第三経塚とされている地は三カ所ある。

一つは大福山の山頂であり、二つ目は大福山の山頂付近、三つ目は雲山峰山頂である。

第三経塚に関する記述

≪諸山縁起≫
「大福山 第二福集童子、師子相佛の垂跡なり。譬喩品、六千五百九十一字。五部大乗如法経。世間寶蔵なり。
千手堂 千手尾。塩断行者。」

≪葛城嶺中記 犬鳴山七寶瀧寺蔵版≫
「大福山 第二福寿童子。譬喩品、六千五百九十一字。五部の大乗経。
如法。間寶蔵也。千手尾。閼伽井。金剛童子。岩屋。経墓。大福仙人。」

≪葛城峯中記 川越市立図書館蔵版≫
「大福山 福壽童子。譬喩品第三。谷に千手寺。」

≪葛城峯中記 山田孫大夫家所蔵版≫
「大福山 本恵寺 日蓮宗
一、本堂千手観音 一、行者堂 是より奥の院へ三十町計り。
一、奥の院福壽童子 一、不動明王 五部大乗如法間寶蔵経塚 護摩所 譬喩品経塚
是より雨師嶽に五十町計り。此間、右之方谷の底に是を墓の谷と云う。
道よりニ十町計り下りて見ゆる村全て至る所」

≪葛嶺雑記≫
「大福山 本恵寺 日蓮宗 同国郡直川村にあり新宮本広寺末
水野家菩提所と云々 開山神変大士 本堂千手観音・おくのいんといふ有。
福集童子本地師子相、東南仏、紀泉国界大福山に鎮座し給ふ。
此尊号は、仏の教示によって、信男信女の、果福といふの義 また所名は大千界恒沙の衆振生に、あまねく大福祥禎を得さしめ給まわんとの意。」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

①JR阪和線 六十谷駅→井関橋

②井関橋→井関峠

③井関峠→大福山 経塚

④大福山 経塚→大福山 経塚その2

⑤井関峠→雲山峰 経塚

⑥井関橋→墓の谷 行者堂(行所)

~~~~~~~~~~~~~~~~~

①JR阪和線 六十谷駅→井関橋

六十谷駅より千手川に沿って北に向かう。

六十谷駅より1.5km北に登山者が駐車しているスペースがある。



これより先に車で進むと駐車できる場所を探すのが困難である。

駐車スペースより井関橋までは、さらに北へ向かい、徒歩25分程である。



②井関橋→井関峠

井関橋を渡らずに北東(左の道)へ進むと、20分程で「井関峠」と記された標識のある地点に到着する。



井関峠には屋根つきのベンチがある休憩所が設置されている。

③井関橋→大福山 経塚

井関峠の分岐を西(左)に行くと懺法ヶ岳を経て、大福山に至る。



大福山の山頂には「大福山」と記された石碑と経塚がある



④大福山 経塚 →大福山 経塚その2

大福山山頂 手前の分岐を北に進む



第三経塚と書かれた標識に従って藪道を進む



第三経塚跡と記された大福山 経塚その2へ至る。



駐車スペース→(25分)井関橋→(17分)→井関峠→(30分)→大福山 経塚→(5分)大福山 経塚その2

⑤井関峠→雲山峰 経塚

井関峠の分岐を東に向かうと雲山峰の経塚に至る。



井関峠→(35分)→雲山峰 経塚

⑥井関橋→墓の谷 行者堂(行所)

井関橋の分岐を東に向かうと、30分程で墓の谷の行者堂に至る。



井関橋→(30分)墓の谷 行者堂

大峰奥駈道

より大きな地図で 大峰 を表示

大峰奥駈

本宗の大峰奥駈行は熊野本宮から金峯山寺までを 熊野本宮~玉置神社、玉置神社~前鬼小仲坊、前鬼小仲坊~金峯山寺の3回に分け行っています。
本記録は以下、実施したものです。記載した緯度・経度・高度はGPSと地図から算出しました。移動時間は休憩と食事の時間を差引いたもので天候や歩く速度により誤差があります。
  • ①平成23年5月20日~22日、玉置神社から前鬼小仲坊
  • ②平成24年5月23日~26日、前鬼小仲坊から金峯山寺

  • 次回は平成25年5月下旬に熊野本宮~玉置神社を予定しています。


    玉置神社 (975M)


    玉置神社から東南へ、1時間の所に宝冠の森がある。(920M)




    玉置神社から北の山頂を目指して10分、左手に玉石神社がある。(1020M)


    玉石神社から北の山頂を目指して5分、玉置山頂。地蔵が祀られている。(1076M)


    玉置山頂から北へ46分、花折塚がある。(957M)


    花折塚から東南へ 1時間、稚児の森がある。(680M)


    稚児の森から北へ10分、岩の口がある。(650M)



    岩の口から北へ17分、千本の森がある。(710M)


    千本の森から北へ17分、古屋宿跡がある。(669M)


    古屋宿跡から北東へ1時間、貝吹金剛がある。世界遺産登録後に新しく建てられた「大峯奥駈道」の横。(917M)


    貝吹金剛から東南へ19分、貝吹野がある。(917M)


    貝吹野から北へ49分、香精山がある。山頂三角点隣。(1121.5M)


    拝返しから北へ1時間、拝返しがある。(1165M)


    拝返しから北へ5分、菊が池がある。(1190M)


    菊が池から北へ13分、四阿宿がある。(1190M)


    四阿宿~地蔵岳山頂の間


    四阿宿から東へ40分、地蔵岳山頂。(1250M)


    地蔵岳山頂から南へ5分、岩場に地蔵が祀られている。(1250M)


    地蔵岳山頂から東へ20分、槍ケ岳がある。(1190M)


    槍ケ岳から東へ30分、葛川辻がある。(1130M)


    葛川辻から東南へ49分、笠捨山。笠捨山山頂の三角点横。(1352.3M)


    笠捨山~八大金剛童子の間。


    笠捨山から北へ1時間30分、八大金剛童子がある。(1060M)


    八大金剛童子から北へ20分、から池がある。(1070M)


    から池から北へ5分、行仙宿がある。(1070M)


    行仙宿から北へ30分、行仙岳がある。山頂三角点隣。(1226.9M)


    行仙宿から北へ20分、怒田宿がある。世界遺産登録後に新しく建てられた「大峯奥駈道」の横。(1100M)


    怒田宿から北へ1時間30分、倶利伽羅岳がある。倶利伽羅岳三角点隣。世界遺産登録後に新しく建てられた「大峯奥駈道」の横。(1260M)


    倶利伽羅岳から北へ30分、転法輪岳がある。転法輪岳三角点隣。世界遺産登録後に新しく建てられた「大峯奥駈道」の横。(1260M)


    転法輪岳から北西へ35分、平治の宿がある。(1100M)


    平治の宿から北西へ50分、持経千年桧不動尊がある。(1050M)


    持経千年桧不動尊から北西へ10分、持経の宿がある。(1081M)


    持経の宿から北へ30分、阿須迦利岳がある。阿須迦利岳三角点隣。世界遺産登録後に新しく建てられた「大峯奥駈道」の横。(1251M)


    阿須迦利岳から北へ30分、証誠無漏岳がある。証誠無漏岳山頂付近。(1301M)


    証誠無漏岳から北東へ40分、涅槃岳がある。涅槃岳山頂付近。(1375.9M)


    涅槃岳から北へ30分、剣光門がある。(1216M)


    剣光門から北西へ30分、滝川の辻がある。界遺産登録後に新しく建てられた「大峯奥駈道」の横。(1295M)


    滝川の辻から北東へ30分、般若岳がある。般若岳山頂付近。(1464M)


    般若岳から北東へ50分、地蔵岳がある。(1460M)


    地蔵岳~嫁越峠の間。


    地蔵岳から北へ30分、嫁越峠がある。界遺産登録後に新しく建てられた「大峯奥駈道」の横。(1350M)


    嫁越峠から北へ30分、奥守岳がある。(1447M)


    奥守岳から北へ40分、天狗岳がある。(1540M)


    天狗岳から北へ30分、石楠花岳がある。(1450M)


    石楠花岳から北へ1時間、太古の辻がある。(1450M)


    太古の辻から東へ1時間、二つ岩がある。(1246M)


    二つ岩から東へ1時間50分、前鬼小仲坊がある。(798M)


    前鬼山小仲坊から西へ10分、前鬼宿坊跡がある。(880M)


    前鬼宿坊跡から北西へ76分、二つ岩がある。(1240M)


    二つ岩から西へ59分、太古の辻がある。(1450M)


    太古の辻から北へ15分、大日岳がある。(1510M)


    大日岳から北へ15分、深山潅頂堂がある。(1500M)


    深山潅頂堂から北へ48分、釈迦岳がある。(1750M)


    釈迦岳から北東へ47分、蔵王権現がある。(1660M)


    蔵王権現から北東へ30分、孔雀覗がある。(1725M)



    孔雀覗から北へ46分、仏生ケ岳がある。(1740



    仏生ケ岳から北北東32分、楊枝の宿がある。(1590M)



    楊枝の宿から北へ10分、供養塔がある。(1590M)


    供養塔から北へ19分、七面山遥拝所がある。(1640M)


    七面山遥拝所から北北東へ8分、舟の多和がある。(1590M)


    舟の多和から北へ99分、禅師の森がある。(1770M)



    禅師の森から北へ14分、菊ノ窟遥拝所がある。(1860M)

    菊ノ窟遥拝所から北東へ25分、八経ケ岳がある。(1880M)



    八経ケ岳から北東へ8分、古今の宿がある。(1840M)


    古今の宿から北東へ10分、頂仙々岳遥拝所がある。(1810M)


    頂仙々岳遥拝所から北へ21分、弥山小屋(神社)がある。(1870M)


    弥山小屋から東へ55分、聖宝の宿がある。(1570M)


    聖宝の宿から南へ36分、石休の宿がある。(1590M)


    石休の宿から東へ60分、一の多和がある。(1450M)


    一の多和から北へ80分、天川辻がある。(1395M)


    天川辻から北へ3分、行者還の宿がある。(1400M)


    行者還の宿から北へ6分、不明の靡。(1460M)


    不明の靡から北北東へ100分、七曜岳がある。(1530M)


    七曜岳から北へ23分、七つ池がある。(1540M)


    七つ池から北へ27分、稚児泊がある。(1560M)


    稚児泊から北北東へ62分、大普賢岳がある。(1730M)


    大普賢岳から北へ10分、小普賢岳がある。(1710M)


    小普賢岳から北へ8分、不明の靡がある。(1690M)


    不明の靡から北へ26分、脇の宿がある。(1600M)


    脇の宿から北へ9分、阿弥陀ケ森(女人結界)と靡きがある。(1640M)


    阿弥陀ケ森(女人結界)から北西へ20分、小篠の宿がある。(1640M)


    小篠の宿から西へ13分、授け地蔵がある。(1650M)


    授け地蔵から北西16分、山上ケ岳がある。(1690M)



    桜本坊から北へ13分、不明(役行者像)がある。(1605M)


    不明(役行者像)から北へ50分、洞辻小屋がある。(1470M)


    洞辻小屋から北へ86分、鍋冠行者堂がある。(1330M)


    鍋冠行者堂から南へ25分、五番関がある。(1220M)


    五番関隣に女人結界門がある。


    五番関から北西へ69分、不明の祠がある。(1330M)


    不明の祠から北へ30分、百丁茶屋がある。(1070M)


    百丁茶屋から北へ90分、新茶屋跡がある。(1110M)


    新茶屋跡から東へ15分、五十丁茶屋がある。(1120M)


    五十丁茶屋から北西へ37分、青根ケ峰がある。(830M)


    青根ケ峰から西へ14分、金峯神社がある。(750M)


    金峯山寺前で採灯大護摩後、柳の宿参拝。


    最近の投稿

    カテゴリ