妙経五百弟子受記品第八


より大きな地図で 葛城二十八宿 第八経塚 を表示

現在の第八経塚は大阪府泉佐野市の犬鳴山の燈明ヶ岳経塚権現山(鈴杵ヶ嶽)にある。

第八経塚に関する記述

≪諸山縁起≫

四十六、鈴杵嶽

五百授記品第八、二千三百字なり。行者、大唐第三仙人に坐す時、鈴杵、閼伽、火舎等埋め給う。火舎の香火は慈尊時。口傳あるべし。

≪葛嶺雑記≫

犬鳴山七宝滝寺 泉州日根郡大木谷にあり 別当滝本坊

古義真言、領主岸和田候、かつらきみねおくのいん也。本堂倶利加羅・右脇神変大士・左脇弘法大師・熊野社・屏風岩不動・十一面堂・弁天社・燈明ヶ岳の不動、口の滝高祖、八大竜王祠、惣じて滝七つまた行場あり。滝宮明神 大木村に鎮座す、神名帳に火走神社、右明神は犬鳴山、口の滝より出現し給ふが故に此名あり、また此山を犬なきとは寛平己後のことなりとかや古記に鈴杵かだけとみえたり経塚もあり。 妙 五百弟子受記品第八之地

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

泉佐野粉河線の犬鳴山バス停より七宝滝寺本堂への参道の途中に護摩場があり、ここから燈明ヶ岳への登山道を登っていくと、燈明ヶ岳経塚権現山の第八経塚に至る。



燈明ヶ岳登山口



経塚権現山 第八経塚



犬鳴山七寶瀧寺 本堂

コメントはコチラから



最近の投稿

カテゴリ